宅配はここまで進化した!近年の宅配事情

最新の宅配情報をまとめたサポートサイト

技術的な面における宅配の進化

現在、日本においては、少子高齢化社会の進行と個人主義の台頭に伴う核家族化や独居老人の増加、更には経済状況と労働嗜好の変化によって共働き世帯が増加するなどの社会的な要因が複数重なったことに加え、交通網とインターネット通信網が整備された環境が整ったことで、インターネット通信を介した通信販売が爆発的な需要の増加を見せており、宅配サービスの激務化とそれに伴って生じた、宅配サービス業全体の人手不足は社会問題に発展するまでに深刻化の一途を辿り、ついには業界全体での宅配料金の改定が行われるに至りました。

宅配需要の暴力的なまでの激増への対策として技術とサービスの両面から対策が打ち出され、無人航空機ドローンを用いた空路の利用による宅配の負担軽減と宅配時間の短縮が見込めるドローン宅配が次世代を担う宅配技術として期待を受け、配達人員の不足を補うべく、登録者が空き時間を利用して有料で配達を請け負う登録アプリサービスも登場し、宅配需要の急増に対処するために様々なアプローチが取られています。

ドローン宅配の実用化に成功し配達人員を補う登録サービスが定着すれば、現状の宅配需要を満たすことは可能となるかも知れませんが、ごく短期間での通信技術の発展による宅配需要の激増が再度起こってしまった場合、無人航空機が実現間近にある以上、宅配技術はある種到達点に近いものがあることから技術面でのフォローは想像しがたく、かといってサービスで補えるかは未知数なので、宅配サービスも一つの完成を見たのかも知れません。

TOPへ戻る