宅配はここまで進化した!近年の宅配事情

最新の宅配情報をまとめたサポートサイト

>

宅配物の受け取り構造の発達

宅配物の受け取りをもっと簡単にする技術

宅配サービスにおいて高度に発達した通信技術が積極利用され始めたことは、宅配需要を爆発的に高める結果を招くだけでなく、宅配物の受け取り時に家主が留守にしている場合の再配送の件数も爆発的に増加する事態を引き起こし、結果として宅配サービスに従事する側の負担が激増してしまい、労働環境が悪化して慢性的な人手不足という悪循環に陥っています。

これらを解消するための対策の一つが、宅配物を一時保存する宅配ボックスであり、押印機能を備えていることから家主が留守であっても宅配が可能となる、再配送の必要がなくなるために利用者と配達者の双方にとってメリットがある家電として近年注目を集め、冷蔵機能を備えた宅配ボックスも少なくはありません。

自宅や車に宅配物を届けるサービス

宅配物の再配達増加に伴う配達業務の激務化に起因する、宅配サービスへの従事者の減少は宅配サービス全般に人手不足を招き、結果として宅配料金の値上げという形で利用者に降りかかったことを踏まえると、宅配サービスにおいて人手不足が続くのは、利用者にとって望ましいとは言えず、負担が大きい宅配サービス従事者にはなおさらでしょう。

技術的な対策として宅配ボックスが普及し始めた一方で、サービス面でもこの問題への対策は図られており、日本では未だ実装されてはいませんが、自宅の鍵の自動開閉装置と監視カメラによる配達員の配達動画のライブ配信と録画による監視下での自宅への宅配サービスや宅配業者が契約を結んだ特定メーカーの車種に限定された自動車への宅配サービスなども生まれました。


この記事をシェアする
TOPへ戻る